kamomeギラひも

みなさんこんにちは!今日は新作kamomeギラひもの製作秘話についておはなしさせて下さい

この企画が始まったのは私が初めてkamomeひものオーダー会をしたときのことです

キモノカラーコーディネイトレッスンでもお馴染みのaslanのてんさんがいらして色見本帖を見ながら

絶対この色は使える!少し幅を足してしっかりカッチリさせたらすごく使いやすいと思う!と4色の糸を選んでくれました

私の扱う糸の中では特殊で流通が少なく、一度にたくさんは手に入らない高価なものなので

絶対失敗出来ないプレッシャーで実際に製作するときはとても緊張しました(笑)

今まではコットンの糸を使うことがほとんどで、いざ織り始めるとそのハリの強さにびっくりしました

(織り機にセットした糸を指で弾くとギターのような音がするほどです・・・)

糸自体がとてもステキなので私がしたことと言ったら何十メートルかの糸を右に左にしただけなのですが

幅が1ミリ2ミリ増えただけでもその織りにくさはだいぶ変ってきました

織り機に向かっているとこどもたちが「ママまたギラギラのやつにいじめられてるの?」と聞いてきます(笑)

本当にこの子は手がかかる・・・

ただ本当に美しい!

織っているときにどうしても出てしまう端糸。オーダーのお客様にはこれを束ねて

小さなタッセルにしてお渡ししています

ギラひもは通常よりたっぷり糸を使うので端糸も多いので通常販売用のひもにはつけないおまけタッセルも

セットにしてお付けすることにしました

メールでのやりとりと1,2度の打ち合わせで、それ以外は全ておまかせして下さったので

私もたくさん考え、たくさん手を動かして、たくさん走り回り、こだわりをもってご用意することが出来ました

本当にこれはkamomeひも史上で最高の1本だと思っています

そんなこだわりのたくさん詰まったkamomeギラひもが

コラボ企画にもかかわらず通常のkamomeひもとそんなにお値段がかわらないのは

てんさんが笑港warau minatoを応援してくれたおかげでもあります

ギラひもの半分はてんさんの優しさで出来ています!

てんさん、本当にありがとうございました!

1つ1つ手織りで作っているので一度にたくさんご用意することは出来ませんが

この渾身の1本をたくさんの人に見てもらえたら嬉しいなぁと思っています

フォローする?